Menu

仕事探しで失敗しないために

就職先を看護師が選ぶときには、待遇や業務内容ばかりでなく、職場ごとの労働環境についてもしっかりと把握することが重要です。たとえば、看護師の人数が慢性的に不足している病院の病棟においては、それぞれのスタッフの仕事量が多くなったり、休みが取りにくかったりすることがあり、離職者が増える原因になっています。そこで、仕事探しをする場合には、実際に現場で働いている人の話を聞いたり、面接の際に職場環境の詳細について担当者に尋ねたりすることが大切です。

医療機関では、看護師の労働環境を改善するために様々な取り組みを行っているところが年々増加しており、看護師の人数を増やすだけでなく、育児や介護のための休暇を取りやすくしたり、時短勤務の制度を設けたりするところも目立ってきました。しかし、看護師の労働環境については、実際に医療現場で働いてみなければ理解できないことがたくさんあります。そのため、少しでも働きやすいところを見極めるうえでは、上記のこと以外にも、就職活動中に積極的に職場見学をすることもポイントです。

大人数の看護師の募集を行っている公立病院や総合病院の中には、一年を通じて職場見学の受け入れをしているところも多くあるため、気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。また、一つの職場で看護師としてキャリア形成をする場合には、医療事故や労災防止のための研修会を定期的に実施しているところに注目したり、上司や先輩に悩みを相談しやすい、風通しの良い職場を探すようにしましょう。